ニードル脱毛のデメリット

毛を処理するのに時間がかかる

二の腕や両足、脇などのムダ毛をきれいに処理するために、全身脱毛を考える人は数多くいます。一口に脱毛といっても様々な種類がありますが、確実に処理したい人に人気なのがニードル脱毛です。これは、毛穴に針をさして電気を流すことで毛根や毛乳頭にダメージを与える脱毛方法のことです。毛を再生させる働きのある毛母細胞を破壊できることから、確実にムダ毛を処理することができるというわけです。ただニードル脱毛は、毛が生えている毛穴の一つ一つに針をさして電流を流していきます。したがって、施術にかかる時間が非常に長くなるのがデメリットといえるでしょう。すぐにムダ毛を処理したい方、仕事が忙しいという方には向いていない脱毛方法といえます。

強い痛みを感じるのがデメリット

ニードル脱毛は、施術中に強い痛みを感じることもデメリットといえるでしょう。そもそも毛穴に針をさして電流を流していく施術方法であることから、光やレーザーなど他の脱毛方法と比べてかなり痛みを感じやすいです。痛みが敏感な人の場合、あまりの苦痛で施術途中で脱毛を断念してしまうケースも少なくはありません。施術の前は麻酔クリームによって痛みを緩和する処置が行われますが、それでは痛みは強いです。よって、痛いのが苦手という方はやめた方がいいでしょう。また、ニードル脱毛は手間と時間がかかる施術方法なので、施術費用も嵩むこともデメリットです。お金がかかるので、経済的に節約したい方は他の脱毛方法を選んだ方がいいでしょう。